Home > 2009年03月

2009年03月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

別れと・・・混迷と・・・旅立ち・・・

カモメ9

カモメ20

カモメ11

カモメ26

カモメ10

カモメ14

カモメ19

カモメ25

カモメ30

カモメ28

やっと・・・更新する時間・・・気力が出来ました・・・

2009年・・・3月6日・・・午後10:00・・・

親父が永眠致しました・・・

前回の記事を書いて・・・まもなく・・・
様態が悪化し、救急病院に運ばれ・・・そのまま入院となり・・・

一週間が過ぎた頃から、体力の低下が著しく・・・

「今日、明日に逝ってしまうこともありえます」との医師の言葉に
家族が交代で泊り込みを繰り返し・・・

痛みで苦しむ親父を、寝ずの看病で支えてきたのですが

そんな過酷な状態で、さらに一週間が過ぎ・・・

このままでは、家族が倒れてしまうと思ったのもあり
親父の様態が少し落ち着いたのもあって・・・
今日は一旦、みんな引き上げて・・・休んで、明日からまた頑張ろうと・・・

姉の家で、母と僕、姉の家族と一緒に、久しぶりの温かいご飯を食べて・・・

自宅に着いた・・・その瞬間でした・・・

「お父さんの心拍が急激に落ちていて、今すぐに来て下さい」
「何分で来れますか?」

と、病院から緊急連絡があったので、急いで病院に向かったのですが・・・

間に合いませんでした・・・

まだ温かい親父の手を握って・・・

「お疲れさん・・・ゆっくり休んでね・・・」
「今まで本当にありがとう・・・」

とお別れの言葉をかけました・・・

人は、この世に勉強に来ていて・・・学びが終わって・・・故郷に帰っていく・・・

それは悲しいことではなく・・・happyな事なのかもしれない・・・

そう思っているせいか・・・不思議と・・・涙は出ませんでした・・・

享年68歳・・・

大分県臼杵市出身・・・

中学生の時に、陸上短距離走に秀で、高校に推薦入学が出来るほどだった
にも関わらず、家庭の事情で、高校には行かず、働くことになり・・・

大阪に丁稚奉公に出され、修行半ばにして北九州の炭鉱へと転職・・・

それは、親へのお金の仕送りのために・・・給料のその殆どを親へ渡しながら・・・

炭鉱での危険な仕事の中、落盤事故を寸前で免れたりと・・・
顔を真っ黒に染めて・・・汗水垂らして働いて・・・

そんな中、同じ炭鉱仲間と友人になり、その友人の妹であった母と知り合う・・・

人目惚れしてしまった親父は・・・母を口説き・・・(笑

私は大分県なんかに嫁には行かないと言う母に・・・(笑

「俺がここに養子に来る!!床の間に座ってるだけでいいから!!」

と・・・(笑

見事に母を口説き落とした親父は(笑)晴れて母と結婚・・・

床の間に座ってるだけでいいと言ったのも束の間で・・・
母を苦労させながらも・・・(笑

翌年、姉が生まれ・・・その五年後に僕が生まれ・・・

仕事も、危険な炭鉱労働から、電気工事士の資格を取り独立開業・・・

以後・・・家族のために頑張って働いたのでした・・・

趣味も無かった親父ですが、人との交流が大好きで
酒も飲めないのに、お酒の席が大好きで・・・(笑

町内や、組合、その他多くの出事に、積極的に参加し・・・

そんな訳で、お通夜や葬儀では沢山の方々が見送りに来てくれました・・・

知らない人から、何度も・・・

「お父さんは本当にいい人でした・・・本当にお世話になって・・・」

と・・・涙を流しながら・・・何度も、いろんな人から言われて・・・

親父も大した人徳だな~同じくらい家族にもしてくれたら良かったのに・・・と(笑
内弁慶っぷりを誰にも知られずに(笑)・・・多くの方に見守られながら・・・

沢山の方の涙と共に・・・

旅立っていきました・・・

最後の入院から、お通夜・・・葬儀・・・その後も、役所での手続きと・・・
まさに怒涛の・・・三週間でありました・・・

今もまだ、沢山の手続きに追われている最中です・・・

悲しんでいるヒマはない・・・と言い聞かせていた僕ですが・・・

不覚にも、お通夜の席で大泣きしてしまいました・・・

痩せても枯れても九州男児・・・(笑

男は涙を見せてはならないと子供の時から思ってた僕なので・・・(笑

今まで身内が亡くなった時も泣いたことは無かったのですが・・・

仕事の師匠が、同じくガンで亡くなった時以来・・・
二度目の大泣きとなったのでした・・・

恥ずかしかったです・・・(笑

自分の親とも・・・いつかお別れが来るだろう・・・
だけど、まだまだ先だなって思ってはいましたが・・・

ついに来たんだなって実感しています・・・

僕も19の時から、親父の仕事を手伝ってきたので、ある意味
父親であるのと同時に、先輩であり、共に仕事をやる上での
パートナーというか・・・相棒のような・・・そんな間だったので・・・

仕事を一人でやってると・・・何だか寂しい気持ちになってしまいます・・・

ただでさえ、親子なのに、僕にとって仕事でも23年間を共にしてきた仲ですし・・・
ツーと言えばカーみたいな・・・息の合った間柄でしたので・・・

かけがえのない・・・大切なパートナーを失った・・・
そんな喪失感があるんですよね・・・・

そういう意味でも・・・改めて寂しくなるな~って・・・感じています・・・

そして、親父の死と同時に、我が家に大きな変化が訪れることになりそうです・・・

例えて言うなら、江戸時代から明治時代に変わるくらいの・・・

今・・・そんな混迷の最中に居ます・・・

そして、整理整頓を終え・・・準備が出来たら・・・

新たな旅立ちを迎えることになります・・・

それまでの間、時間が取れたらまた記事を更新しようと思ってます(*^_^*)

いろいろとあり、しばらく更新が出来ない中、見に来て下さる方々に
心より感謝を申し上げます・・・<(_ _)>

前回の記事にも、沢山の方に、拍手ボタンを押して頂きまして・・・

本当にありがとうございます・・・<(_ _)>

最初は気付かなかったんだけど、ある方に
「コメントの変わりに、拍手で頑張ってって応援してくれてるんだと思うよ」
って言われて、胸が熱くなりました・・・

本当にありがとうございます<(_ _)>

沢山の方に、「ファイト!」って肩をポン!って叩かれたような・・・
そんな優しさを・・・温かな心を頂いている・・・

そんな気持ちです・・・(*^_^*)

僕は元気です(*^_^*)

そして・・・と~っても幸せです(*^_^*)

親父を無事に見送れたことも喜びだし、またいつか・・・
親父に会いに行く・・・その時まで・・・

出来る事を精一杯やって・・・学んでいこうと思ってます(*^_^*)

親父・・・・お疲れ様・・・ご苦労様でした・・・<(_ _)>

そして・・・本当にありがとう・・・・<(_ _)>

またね・・・(*^_^*)

いつかまた会う・・・その日まで・・・

そんな親父の旅立ちを祝して・・・鳥さんの写真を載せました(*^_^*)

思えば・・・葬儀の日の空も・・・こんな綺麗な空だったな~

別れ・・・混迷・・・旅立ち・・・

一つの命の物語が終わり・・・

残った命たちの・・・また新たな物語が始まります・・・

どんな物語になるかは自分次第・・・

明るく元気に・・・楽しんでやりま~す(*^_^*)

それではまた~ヽ(^。^)ノ










スポンサーサイト

Index of all entries

Home > 2009年03月

タグクラウド
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。